本文へスキップ

ぬか床を使った料理|北九州名物じんだ煮の作り方

ぬか床を使った料理

北九州名物じんだ煮とは

北九州市の小倉藩主となった小笠原公が大変好んで食べて以来、小倉独自の製法で日常食として伝統の味を受け継いでいる「小倉じんだ」。
「じんだ」とは広辞苑にも記載されているとおり“ぬか”という意味で、北九州の一部の地域では「じんだ煮」とも呼ばれています。
「いわしのぬか炊き」が大変有名ですが、いわしの他にもさば、きびなご、ちりめん、わかめの茎、竹の子等をぬかで炊くこともあります

北九州名物じんだ煮の作り方

じんだ煮

ハラワタを取ったイワシや二枚に下ろした新鮮なサバ等をしょうゆ、砂糖、みりんなど好みの味で煮て、途中でぬか床のぬかみそを加えるだけ。これだけで、ご飯のおかずはいらないくらいおいしく召し上がれます。

材料と分量

イワシ       8尾
酒 カップ     1/2
みりんまたは水   大さじ3
砂糖        大さじ1
濃口醤油      大さじ3~
ぬかみそ      適量
しょうが      20g

調理法

(1) マイワシは頭、腸を取って洗う。
(2) 鍋に酒~しょうゆまで入れて火にかけ、煮立ったらイワシを加えて十分に味が染み込むまで弱火で煮る。
(3) ぬか床を加えて再び弱火でとろっとするまで煮てしょうがを散らす

是非、お試しください。


メールでの問合せはこちらから   購入はこちらから


ショップ情報

サチばあちゃんのぬか床販売

〒802-0064
福岡県北九州市小倉北区片野4-1-1
TEL.093-967-2434